トップ «前の日記(2009-06-08) 最新 次の日記(2009-07-29)» 編集

インターノット崩壊論者の独り言


EPIC2014
Google Public DNS (8.8.8.8, 8.8.4.4) 経由では本サイトにアクセスできないよう措置させて頂いております。

2009-06-29 授業に使えない教科書

授業に使える「Linuxサーバー構築標準教科書」を授業に使っちゃダメ

授業に使える「Linuxサーバー構築標準教科書」,LPI-JapanがPDFで無償公開、だそうですが、少なくともDNSの章は信じちゃだめ。ひどい目にあうことになるでしょう。

残念ながら、LinuxもBINDもわからないのでお手伝いできませんが、とりあえず目についたおかしなところは指摘しておきました。 「親ドメインの定義に記述されたサブドメインのNS レコードをグルーレコード(glue record)と呼び」って時点で、その先読まなくてもいいのですけど、、、

本日のツッコミ(全16件) [ツッコミを入れる]
tm (2009-06-29 14:56)

glue record とはなにか。<br> これをきちんと説明できる人は非常に少ないので、無償の教科書に<br>正しい説明を求めるのは無理ですね。<br><br> それを信じちゃだめ、というなら、きちんと説明してあげたら。

tss (2009-06-29 15:58)

DNSの正しい教科書なんて誰も書けないのでは?

tss (2009-07-18 23:36)

Wikiに書いても事務局に連絡しても3週間応答なし

tss (2009-07-18 23:37)

query-source port 53; だけでも削除して欲しいのに

tss (2009-07-19 18:31)

MLに応答あり。query-source port 53; は削除してもらえそう。

mic (2009-07-27 14:29)

query-source port 53;はデフォルトで無効になっていたはずで、<br>教科書をみてもそう書き換えましょうとは書いてませんでしたよ。

tss (2009-07-29 11:51)

4-59 /etc/named.conf に追加 のなかに書いてあります。 (v1.0.1)<br>削除するとのことでした。

tss (2009-08-07 22:39)

1.0.2 betaってのがでたようです。source port 53は直してもらえましたが、あとのところは無茶苦茶なままですね。

mic (2009-08-10 11:48)

むちゃくちゃだと思うなら説明してあげればいいのに。

tss (2009-08-11 12:25)

説明しないとわからない人が教科書書くなってことです。

tm (2009-08-11 16:04)

説明しても分かるかどうか。:-)<br> 分かるように説明するには DNS の基本から説明した教科書が必要なんでしょう。でも、それは tss さんに言わせれば、誰にもできないそうだから、論理的には tss さんは説明したくてもできないということを意味しています。(ツッコミです。)

tss (2009-08-11 16:42)

御意 ;-)

tss (2009-08-11 17:15)

DNSを難しくしたのはBINDの責任 ;-<<br>教科書4-55なんてBIND使いの人しか思いつかない無茶苦茶な構成と説明です。

tm (2009-08-12 10:10)

BINDがお粗末なのは最初から分かっていることです。<br>DNS(設計)が今の時代に合わないことも書かないと片手落ちです。

tss (2015-02-22 22:31)

最新版を見たけれど根本的な間違いが未だに直っていなかった。

tss (2016-06-13 15:18)

2.0.1 でもダメダメ


最近の日記

2008|04|05|06|07|08|10|11|
2009|02|03|04|06|07|09|10|11|
2010|01|03|06|09|10|11|12|
2011|01|02|03|05|06|07|10|11|
2012|03|06|07|10|11|12|
2013|02|03|04|05|06|08|09|10|11|
2014|01|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|07|08|09|10|11|12|
2016|01|06|08|12|
2017|03|07|08|09|12|
2018|04|08|10|11|
2019|01|02|07|11|12|
2020|01|02|03|05|06|07|08|
2021|02|03|09|12|
2022|02|03|

リンク

Copyright by T.Suzuki