トップ «前の日記(2015-01-09) 最新 次の日記(2015-02-06)» 編集

インターノット崩壊論者の独り言

過去の日記
EPIC2014
Google Public DNS (8.8.8.8, 8.8.4.4) および Cloudflare (1.1.1.1, 1.0.0.1) 経由では本サイトにアクセスできないよう措置させて頂いております。

2015-01-15 この不穏な機に

- 『なぜ私はPGPを書いたのか』を翻訳しました

フランスでのテロ事件を受け、英首相が暗号化通信を制限する意向を表明という記事を目にしました。「2015年の総選挙の結果で再び首相に選ばれたら、テロリスト間の通信を遮断するために、保安機関が解読できないような暗号化を禁止するつもりだと約束した」とのことです。

今こそ、1991年に PGP の開発者フィリップ・ジマーマンによって書かれた "Why I wrote PGP" を多くの人たちが読み返すべきだと思いましたが、翻訳が見つかりませんでした。そこで今更ながら拙訳を作成してみましたので、どうぞお読みください。

追記
Microsoft や NSA が Skype を盗聴していたという記事も目にしました。

さらに追記
"米オバマ大統領曰く、「政府が暗号化されたコミュニケーションに阻まれることがあってはならない」"という記事も...

まあインターノットなんてそんなものです。そして安心安全を求める人々の声によって今後さらに監視ネットワーク化していくでしょう。

[]

最近の日記

リンク

Copyright by T.Suzuki